住まいに関するお困りごとはありませんか?

私たちは社長もスタッフも女性が中心。 ママ・主婦など、女性のためのお家づくりなら きっとよろこんでいただけます! コーヒーでも飲みながら、小さな悩みごとでも 気軽にお喋りしましょう♪

リライフからの
末長〜〜〜〜〜いメッセージ

お客様と私たち。生涯に渡る末長いお付き合いが生まれますように。 スタッフ一同の本気で熱い想いを文章にしてみました。 驚くほど長いメッセージですが、 最後までご覧いただくといいことがあるかも?!

出身は体育系
医療系そして建築の道へ

リ・ライフを立ち上げた私渡部から想いを伝えさせていただきますね!もともと私はなかなか珍しい体育科のある高校に通い、陸上に熱中していました。当時は体育の教員になりたかったんです。今でもこの時のメンバーとは交流が続いていて、プライベートはもちろんお仕事の相談もいただくんですよ!

その後は「目標もなく大学に行かないほうがいい」という親からのアドバイスを受け「医療関係なら食いっぱぐれはないかな?」ということで、方向転換。医療系の専門学校に進学しました。

医療系に進んだ私が家づくりの道に進んだきっかけはズバリ、専門学校の先生です。「資格は取れたけど、病院に勤めるのはどうなのかな…?」と考えていた私に、先生がご自宅のリフォームをお願いしていた、社員3名ほどの小さな工務店の事務職を紹介してくれたんです。偶然や縁がつながり、私の家づくりのキャリアははじまったんですよね。

これまでは「流されているような生き方だな」と感じていましたが、最近では「流れに乗っているのかな」と考えています。

大きな転機
「営業、やってみろ!」

正直に言って、工務店で働き始めた時には「2~3年くらいの腰掛けで、結婚でもしたら辞めようかな?」くらいに思っていました(笑)。ところが事務の仕事を数年続けていた中で、営業の方が事情があって退職されることになったんです。

新しい方を採用するなど色んな選択肢がありましたが、私のじっとしていられない性格を社長に見出され「お前、営業やってみろ!」と声をかけていただきました。

リ・ライフの元となる
「売りっぱなしだよね」の一言

新築物件販売の営業を始めたものの、当時はバブル景気真っ直中。社長には「小学生でも家が売れる時代」と言われ「誰でもできる仕事なのか?!」と悔しくって、かえって仕事に燃えて打ち込んでいました。

結局23年間営業職を続けました。しかし、新築物件はどんどん数を売っていかないと会社が回らない。当然、家づくりの後のメンテナンスやケアはおざなりに…。そんな時にお客さまから言われた言葉が「売りっぱなしなんだね。家を売ったら顔も出さない」でした…。

その言葉がずっと心に残っており、会社を辞めて一人でリ・ライフを立ち上げるきっかけとなりました。お客さまには「会社に骨を埋めます!」と宣言していたのですが、大ボラになってしまいましたね(笑)。

立ち上げ時はもともといた会社に許可をいただき、これまでのお客さまに販売してきたお家のメンテナンスを中心にご挨拶させていただきました。

お客さまとはビジネスではなく
人と人でつながっている

お客さまには「これまでの会社を辞めたのだから、渡部さんには頼めないよ」と邪険にされるかなとも思いましたが、本当にありがたいことに「ぜひお願いね!」「待ってました!」というお声をたくさんいただきました。

“お客さまと会社”ではなく、“人と人”の関係で接していただけていたんだと心から嬉しく感じ、その気持ちは今のリ・ライフのメンバーそれぞれのやりがいとして共有されています。

一人で会社を回す限界…
仲間たちに助けられ

当初は営業も現場も税務処理も、私が7年間一人で行っていました。もちろん時間や労力の面でも大変でしたが、一番は「楽しい時も辛い時もいつも一人」という部分に限界を感じていました。分かち合える仲間が欲しいなと思っていた頃、「一緒にやろうよ」と声をかけてくれた仲間たちとの縁に恵まれたんです。

週に1度くらいランチを食べながら楽しい雰囲気で意見を交わし合い、1年間の時間をかけて、会社としてリ・ライフ起こす計画を立てていきました。

私も当時の仲間たちも、40~50代のメンバーが中心。何か新しいことをはじめるには、おそらく最後のチャンスなのでは?という意識がありました。

だからこそ、これまでの経験やスキルを全て活かし「何としてもリ・ライフをお客さまや社会に役立つ会社にしなければ」という強い思いをみんなが抱いていました。それは今のリ・ライフでも変わっていません。

リ・ライフを通して
私たちがやりたいこと

少しだけ悪い言い方になってしまいますが、はじめは安いお見積りだったのに最終的には割高な請求をしたり、お客さまに上手く入り込んで必要のない工事を行う業者さんも中にはいらっしゃいます。そのような会社さんを目にする中で、私たちは「家づくりを通して、お客さまのお世話を”ちゃんと”させていただきたい」という目的を持っています。

リ・ライフはもともとアフターケアを目的に始まった会社。「やりっぱなし」は無しで、「お客さまとずっと一緒に」がモットー。そのためにも必ず信頼いただけるサービスを、適正な価格にてご提供しています。

小さな会社ならではの
大きなメリット


もともとの会社にいた頃は、とにかく負けず嫌いでした。
自分に自信がなかったぶん、たくさんの仕事をこなしましたね。「わかりません」「できません」が嫌で、先輩の方々に詳しく聞き込んだり、お客さまから何をご相談されても
こまらないよう、個人的にも日々勉強を重ねました。

小さな会社を経験してよかったのは、”一人のお客さまがご相談にいらしてから家が出来上がるまでの流れが全部見
える”
ところですね。「営業だけ」「施工だけ」の会社さんではできないこの経験は、リ・ライフの仕事に生かされています。

現在のリ・ライフでもメンバーそれぞれが広い視野を持ち、チーム全体としてお客さまから信頼いただけるような体制ができあがっています。

例えば家づくりでは実際の工事はもちろん、「ローンをどのように組めるか」という部分がとても大切です。私個人で言えば営業の経験だけではなく、事務として直接お客さまと銀行さんとの間で手続きを行ってきたため、「これくらいのローンが組めるから、このようなお家はいかがでしょうか?」「銀行さん、これくらいのプランでお願いできませんか?」とご提案ができます。

チームワークで
納得のご提案を

以前は家づくりにおいて、お客さまからの要望は「駅から近い」「学校の環境がよい」などとてもシンプルでした。これらの条件がよければ「木材は大工さんに全てお任せで建てておいて!」ということも多々ありましたよ。今では信じられませんよね(笑)。

しかし現在ではWEBなどでお客さま自身でさまざまな情報を得られることで、ご要望の種類が非常に多様化しています。どのようなご要望にもチーム一丸となってとことん向き合い、専門性にとらわれない角度から情報を共有しあうことで、ご満足いただけるご提案をさせていただいています。

リ・ライフの雰囲気は
どんな感じ?


ホームページに載せている写真からもおわかりいただけるとは思いますが、とにかく個性豊かなメンバーが集まっています。みんなでご飯にも行きますし、3ヶ月に1度は定期的な食事会を行っていますよ。

それに年季が入っているメンバーが多いです(笑)。たくさんのお客さまやお家づくりに携わってきた経験を生かして、チームワークで家づくりをサポートしています。

会社は三角の屋根がかわいらしいんです。木材をたくさん使っていて天井が高く、とても過ごしやすく感じていただけると思います。かわいい植物も飾っていますよ!渡部が描いた絵も飾っているので、要チェックです(笑)。

駐車場がとても広いところも魅力ですね。20台駐車ができます。よほど埋まる事はないはずですので、ぜひともお車でお越しくださいませ。

“女性目線の家づくり”が
得意です!

今更ですが、建築関係の女性社長はとても珍しいことに周りから指摘されて気がつきました(笑)。創業者の奥さまや娘さんが継がれたというケースはたまに聞きますが、立ち上げからという方は意外にいらっしゃらないのです。

そこを意識してリ・ライフをはじめたわけではありませんでしたが、「家づくり」とは「家庭づくり」。お家にいらっしゃることが多い奥さまを中心に家を考えることは、よりよい家庭を築くことにもつながりますよね。

家事動線や間取り、コンセントの位置など、女性だからこそ気になる部分は多々あります。「ここにこれが欲しいのにない…」または「これはここにいらないのにある…」といったご不満につながらないよう、リ・ライフのスタッフがしっかりとサポートを行い、プランを立てていきます。

ご主人の中には「ベランダは必要ない」「勝手口は防犯上よくないのでいらない」という考え方をされる方もいらっしゃいます。一方で女性からの目線で見ると、お日様のあたたかい光でお布団を干したり、ゴミ出しのためには勝手口があったほうがよいと考えられる方が多いのです。

自分で建てた家に暮らし
主婦として感じたこと

女性目線の家づくりを会社として大切に考えるようになったきっかけは、私渡部自身が自分の家を自分で建て、そして家事や育児、介護を実際に経験したことです。「家の中心にコンセントがほしかったな…」「お風呂場はデザイン性を重視したけどデコボコしてカビが生えやすいな…」こうした反省を、お客さまにさせてしまってはいけないと強く感じました。

“3歩かかるところを2歩で済ませ、無駄なく流れ作業の中で複数の家事をこなす”。こうした細部にまで気が行き届いたお家では、“「家事できっちりと手抜きができる」ようになるのです。

女性目線のお家
具体的にどのへんがいいの?


「手を抜きながらもきっちりと家事がこなせるお家」。例えば掃除ひとつを取り上げても、時短によって作業のストレスがなく、楽に汚れが落ち、そもそも散らかりにくいお家になる。そうすれば家事でイライラしなくても済むし、自由な時間が増えれば忙しい中でも趣味が持てる。

時間が余分にあるほど幸せなことはありませんよね。奥さまにこうしたメリットが生まれる事は、お子さまをはじめるとするご家庭にとってとてもいいことであると、リ・ライフはは考えています。

お洒落なデザインのお家を建てても、時代の流れや好みの変化によって、数十年後に必ずしもそれがよいお家に感じられるとは限りません。

ところが「お家の使いやすさ」という価値観は、数十年後でもきっと変わらないと思うんです。お家を建てる中でご家族それぞれの意見に目を配り、もっともご家庭にあったお家となるようアドバイスをさせていただきますよ。

東海市に
リ・ライフあり!

地元・東海市で長く家づくりをやらせていただいているので、絶対にいいかげんなことはできませんね(笑)。渡部は仕事だけではなく東海市で家も建て、子供を2人育てています!

私が建てた家の周りには40件くらいの戸建てがあり、何とその全てにはお客さまが住まわれています。何かあればすぐに自宅にもお伺いもできますし、ご要望をお聞きしたりお助けすることもできますよ。

同業者にこの話をするととても驚かれるのですが、「東海市、そして大切なお客さまから逃げない」「全てを身にしてやろう」という思いでそこに家を建てました。

「どこの誰が建てた家かわからないよりも、いつでもすぐ近所にいるので安心できるよ」とお客さまにはおっしゃっていただけています。完成後もご近所のお友達としてお付き合いしてくださいね。もちろん、お客さまさえよければですが(笑)。